2015年05月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突入!ハウジングエリア(前編)

ハウジング前1

やっと仕事の山を超えました・・・。
毎日深夜帰宅で3日もログインできず、このブログも久々の更新です。
ネタだけが溜まっていくぅうう!!どんどん書かな!



さて、前回コラーさんというお友達ができたネヴィカさん。

その後、コラーさんは2、3日ごとに様子を見にきてくれました。
会う度にいろんなお話をしたり、ミニオンという連れて歩けるペットみたいなのをみせてもらったりと本当に楽しかったです。

ハウジング前2

しかし毎回気付くと近くにいるので、アサシン!?コラーさん、ジョブは戦士だけどアサシンなの!?って思ってました。
どのエリアにいるかは調べれば表示されるけど、どうやってこの広い土地の中で見つけてるんだろう・・・。謎。

ネヴィカさんもグリダニアを飛び出し、海の国リムサロミンサや、砂の国ウルダハまで行ける様に。

その間にもいろんな方にFCに誘われ、若葉マークのモテっぷりを目の当たりにする。
皆様丁寧にお断りさせていただきましたが、誘ってくださった方、嬉しかったです!

他にも防御魔法をかけてもらったり、応援してもらったり、なでてもらったり、おもしろエモートをしてくれたり。
イフ鯖の皆様はとても優しいです。

本当にありがとうございました!!

ID16

そしてついに幻術士Lv.15になり、最初の難関「サスタシャ侵食洞」に辿り着く!!

しかしフリートライアル中はレベルが20までしか上げられないので、ここで別の職もやってみようと思い立ちます。
そしたら、どの役回りでも戦えるもんね。
友達もFF14を始めたので、最初のダンジョンであるサスタシャのお手伝いくらいはできるように・・・。

ということで、パーティーの盾役として剣士を、攻撃役として双剣士のギルドの門を叩き入門。

ハウジング前3

いやー、双剣ギルドマスターのジャックさんがカッコよくてね・・・。イケメンいいね!

お話も闇に生きる仕事人みたいな感じで、陰謀が渦巻いてておもしろいです。

ハウジング前4

剣士のギルドマスターは凛々しい美女!こちらもカッコいい!!お姉様って呼びたい。
剣士は幻術と一緒に上げていけば、ナイトになれるそうなので一石二鳥です。

そんなこんなでレベル上げしつつ、いろいろ見て回っていると「新しく居住区ができるらしいので調べてきて」というクエストが出てきました。

ほう、これが噂のハウジングってやつですね?
エオルゼアに土地を買って、家を建てることができるというハウジング。

居住区は3カ国それぞれにあるのですが、今回はウルダハの居住区「ゴブレットビュート」を探検ー。

ハウジング前5

周りを岩山と雲海に覆われたゴブレットビュート。
その姿はまるで天空都市のよう。大きな風車がひときわ目を引きますねー。
各家に植えてある桜がまたキレイ。

ハウジング9

家の前にあるサインボードという看板を調べると、誰のどんな家かわかるようになっているので、ひとつひとつ見て回る。
ネタが散りばめられていたり、通りすがりもウェルカム!って書いてあるオープンなお家もあったり。
それぞれの家ごと、お庭だけでもいろいろあって、外から見て回るだけでも楽しい!

ここでみんな友達と遊んだり、おしゃべりしたりして過ごしてるんですね。

ハウジング前6

お、空いてる土地があります。
これはLサイズの土地でしょうか。広いなー!

いろいろ見て回り、さて、次はどの家を見に行こうかなーとしばらく考えて、よっしゃ!と走り始めたその時、チャットログに表示が出る!


???はNevica Larkに手招きした

Σ(・Д・;)!?!?!?


手招き・・・そのエモートの意味はつまり・・・「こっちおいでー」ってこと、デスカ??

なんだなんだ?何のご用でしょうか?

ゴブレットビュートに知り合いなんていないはず・・・。

一体どなたが・・・。



つづく!
スポンサーサイト

FCと初代とお友達

FCと初代とお友達

◆前回までのあらすじ◆

森の都グリダニアにて、幻術士として再スタートを切ったネヴィカさん。

途中、自分と同じ若葉マークのプレイヤーさんを回復魔法で助け興奮気味のところ、突然個人指定のチャットで話しかけられる!!

一体誰から、そして何の目的でこんな超初心者に・・・!!



と、とりあえず、無視はいけない。ごあいさつを返さねばですね。
TELはカーソルを名前に指定して・・・こんにちは・・・っと。ぽちー

「現在そのアクションは使用できません。」

な、なにぃ!!??
えっ、なんで!?なんで使用できな・・・はっ!
フリートライアルだからか・・・!!
フリートライアルによるシステムの使用制限か・・・!!

でもでも無視はよくないよ!どどどどーしよう・・・!にとろさん!!

FCと初代とお友達2

にとろ:「おちついて。ネビさんにTELしてきたってことは、どこかで姿を見てターゲットされたってことだよ。
つまり、相手は近くにいるはず!周りを探すんだ!!」


さ、さすがやで、にとろさん。冷静な分析!
えー、どこかで姿を見られてるってことは、さっき通ってきたエーテライトの辺りかなぁ。
戻ってみよう・・・。

・・・っていたー!!
エーテライトのとこにTEL下さった方と同じ名前の人を発見です!!
このお方です。

FCと初代とお友達3

ヒィ、コワイ・・・!!
体も大きいし、なんかすごい装備をお召しなんですけどー!!
こんな方が今日が初日の私に本当に何のご用でしょうか・・・。

あ、もしかしてさっきの若葉さんの助け方がよくないって注意されたりとかするんでしょうか・・・!!ガクブル

と、とりあえずごあいさつを・・・

ネビ:「こんにちは」

?:「こんにちは。初心者の方ですか?」

ネビ:「はい、今日から始めました」

ネビ:「フリートライアル中なのでTELが使えないみたいです」


するとこの方からパーティ申請がきました。
FF14のチャットは種類がいくつかありますが、種類によっては周りのプレイヤーさんにも会話が見えてしまいます。
そこで、パーティーを組むとパーティ参加者専用のチャンネルが使えるので、他の方の迷惑にならないという仕組みらしい。
へーすごいなぁ、いろいろ考えられて作ってあるなー。

?:「FCに興味はありませんか?」

FCと初代とお友達4

FC?なんか知らない単語でてきましたよ。
しかし!そこは2代目。FCの意味はわかるのです。
初代の時、『FCメンバー募集!』というチャットを見て、にとろさんに
「なんでFFでサッカーのメンバー募集してるんですか?」
と聞いて爆笑された過去を持つ2代目デスカラネ。
くそぅ・・・、一般社会の常識ではFC=Football Clubのことだっつーの!!(根にもってます)

ネビ:「FCってどんなのですか?」

?:「FCはフリーカンパニーと言って、お友達や仲間と一緒に作るグループみたいなものです」

あ、この方いい人だ。
にとろさんと違って笑わずにちゃんと説明してくれました。

FCと初代とお友達5

でもここで問題が発生です。
実は初代はにとろさんの別キャラと同じFCに加入しているため、「ネビさんがにとろさんと別のアカウントで新生したら、やっとうちのFCも人数増えるねー」と言われているというちょっとややこしい身。

でも2代目の目的は、この世界でお友達をたくさんつくること。
ここで初代のFCと同じところに所属すると、安泰はするけど交友関係は広がっていかないのでは・・・?
でも今会ったばかりの方でよくわからないし・・・。

家族のいるFCに一緒に、と言われるかもしれないと正直にお伝えしたところ、

?:「はじめはお友達がいたほうが安心ですからね。無理しなくてもいいんですよ」

と優しいお言葉。

FCと初代とお友達6

悩む・・・。これはベントブランチに試されている・・・。
初代のあの事件を乗り越えられるかどうかは、今ここにかかっているんじゃないのか?

?:「うちは来るもの拒まず、去るもの追わずなので、お試し期間もありますよ」

なんとお試し期間!それはいいですね!!が。

?:「あ・・・、今、FCの招待送ろうとしたらはじかれました><」

またフリートライアル制限ですかー!!orzううーん、残念。

FCのお家があるので行ってみますか?と言われたのですが、まだLv.10でグリダニアから出られないのですー。
よし、じゃあ!

ネビ:「フレンド登録をお願いしてもいいですか?製品版になったらご連絡します。」

?:「はい!」

FCと初代とお友達7

こうして初めてネヴィカさんにFF14でのお友達ができました。

コラーさん:「コラーです。どうぞよろしくお願いします」

こちらこそよろしくお願いします!コラーさん!!

なんだか初日から初代とは違う道が見えてきました。

フリートライアルはあと13日!!

新生!もう一度エオルゼアへ

もう一度1

初代さんに別れを告げ、もう一度エオルゼアへとやってきたネヴィカさん。

今回の最初の目標は
①お友達をたくさん作ること
②戦いをちゃんと理解すること
③レベル50になること

の3つです。

でも無理せずゆっくりやっていこう。がんばるぞー!
なお、最初はまだスクリーンショット(SS)という撮影機能の使い方を知らなかったので、再現SSが多くなります。
ご了承ください。

それと初代はレベルだけは36まであがっていたので、最初のほうの流れはなんとなーくわかってます。(いろいろ覚えてないけど)
でも超初心者の心を忘れずに、この日記は初代の時に感じたことも交えて書いていきますね。




まずはフリートライアルという、2週間の無料お試し期間を使ってスタート。
FF14は月額課金制のオンラインゲームなのでね。無料期間大事。

もう一度0


『ダウンロードに540分(!)かかります』って表示されたので、すぐ始めたい!って方は、前日の夜とかにダウンロードを開始しておくとすぐに始められて楽だと思います。

最初に選んだ職業によって、3つある国の中からスタートする場所が変わるのですが、初代と同じ幻術士を選択。
開始国は森の都グリダニアからです。

もう一度2

チュートリアルによれば、炎みたいなマークを追いかけていけばメインストーリーは進むはず。
でも最初はレベルが低くて経験値が欲しいので、丸いマークのサブクエストも一緒に受けていこう。

もう一度3

クエストをクリアするといろんな報酬がもらえるのですが、その中に食べ物があります。
にとろさんに教えてもらったところによると、ご飯を食べてからプレイすると30分間はもらえる経験値が+3%UPするとのこと。
塵も積もれば~なのでおやつをもぐもぐしつつ、あっちこっち走り回ってたらあっという間にLv.5くらいに。

グリダニアの街の外にも出れる様になり、中央森林でクエストを追いかけていると、兵隊さんに「Lv.5以上の装備に着替えてこい」って言われました。

はいはい。えーと、装備はマイキャラクターを開いてー・・・・

もう一度8

はい、でた。

出たよー・・・これ。
ゲームに慣れてる方は「え?なにが?」って思うでしょう。そうでしょう。

これが私がRPGで苦手なもののひとつ、ステータス画面です。

苦手なんですよ・・・。この数字の並んだ画面・・・。略語の数々・・・。
PIEって何さ!?

まあこれも調べればわかるので、勉強すればいいのですが、これを自分でどの部分を強化していくか考えて数字を振るんでしょう?


そんなん・・・・


めんどくさいわ・・・。


数字嫌いです・・・。


いやいや、テンション下がってないで、とりあえず今は必要な装備の着替えだけしよう。
装備はきっと、この自分のキャラ画像の横にある各装備のパーツみたいなとこを開くんでしょう。

でも一箇所だけLv.5以上の装備がない。
今持っている装備は全部クエストの報酬でもらったので、残りもそのうち出てくるのかな?

にとろさーん。

にとろ:「残りはもらえるのちょっと後になるから買っちゃった方が早いよ」

あ、そっすか。

ということでそばにいたSHOP店員さんから初めてお買い物。
よっし、これでクエストが進められます。

もう一度10

グリダニアは森の国なので緑が本当にキレイです。
いろいろ観察しながら、街から一番近い拠点のベントブランチ牧場周辺のクエストを消化していきます。

それにしてもちょこちょこ若葉マークの人いるなぁ。
みんな自分と同じ、始めたばっかりの仲間なのかなー。

と思っていたら一人の若葉さんが、敵に囲まれているのを発見。
あの人、さっきここを通った時も同じように敵に囲まれていたような・・・。

こっそりターゲットして調べてみる。
あ、自分よりちょっとレベル上の敵と戦ってるんですね。
レベル上げしてるのかな。

でも槍の人だから回復できなくて、ガンガン体力がなくなっていく・・・!



あ、 あ、 死んじゃう・・・  死んじゃ・・・










せ、せぇええええええぃ!!!


ケアル!!

もう一度4

ケアル!!(がんばれ!!)

もう一度5

ケアル!!(がんばれ!!)

ドキドキしながら何度もケアルをかける。

幻術士は回復役。
私が幻術士を選んだのは、自分が死なないためと、通りすがりに自分と同じような初心者さんを助ける力になれるかもしれないと思ったから。

今がまさにその力を使うとき!!

そして見事、敵を全部討伐!!
よかった、よかったねー!!私、ちょっとはお力になれたでしょうか・・・。

手を振ると踊って返してくれましたwww
お互いがんばりましょうねー。


ちょっと興奮しながら、その場を後にするとご飯効果が切れた。
あ、でももうおやつ持ってないなぁ。

にとろさーん!なんか使わないおやつがあったら分けて下さーい。

にとろ:「はーい、じゃあ届けに行きますわー」

にとろさんと会うために、グリダニアに向けて走り出したその時


ピロロン♪

「こんにちは。始めたばかりの方ですか?」



!!!???


こ、このピンクのチャットログは・・・!TEL機能!!

電話のように指定した相手だけに直接話しかけることができる、個人指定チャット!!

つ、つまりこれは、まぎれもなく私に話しかけられている・・・!!!

そして今、私のいる場所はベントブランチ牧場!

またか・・・、またベントブランチなのか・・・。

初代といい、2代目といい・・・、ベントブランチはオンラインコミュニケーションの試練の場なのか・・・!!

もう一度6

一体誰が・・・なんの目的で私に・・・?



つづく!!

プロローグ

プロローグ1

超初心者としてFF14をプレイし始めたネヴィカさんですが、実は現在のネヴィカさんは2代目です。
なぜ2代目なのか?それがあるから、このブログはあります。

今回は初代にも協力してもらい、本当に最初の頃のできごとを再現しました。
少し長いお話になりますが、どうぞお付き合い下さい。





2013年8月27日、にとろさんがFF14を買って仕事から帰ってきました。
既にキャラメイクの画面からすごいクオリティで、ふたりでキャッキャ言いながら数時間かけてキャラクターを作成。

納得のいくキャラができたところで、いざ!ログイン!!ぽちー!!

「このワールドは現在ログイン制限がかかっています」

プロローグ02

えっ?ログインできない。どういうこと?
「このワールド」ってことは他のワールドなら大丈夫なのかな?
でも友達と同じワールドを選ばないと、一緒に遊べないらしいし・・・。

調べてみると、オンラインゲームの発売当日はみんなが一斉にログインしようとするので、サーバーにアクセスが集中してログインできなくなることが多いらしい。
ログイン戦争とよばれるこの状況は発売からしばらく続き、ネットには「せっかく買ったのに遊べない」という不満の声がいっぱい書き込まれていました。

それならキャラメイク画面で遊ぼうと、ふたりしていろんなキャラを作っては、たまにログインを確かめてみる、の繰り返し。
その時、ネビさんもキャラ作ってやってみたら?と言われて試しに作ったのが初代ネヴィカさんです。

そんなこんなでスタートできないまま、3日目の深夜。
運よくネヴィカさんがログインに成功!!OPムービーが流れキャラクターが歩き出す!

しばらくチュートリアルを進めていると
「やったあああ!はじめてログインできたああああ!!!」

ログイン戦争に勝った誰かが叫びました。

「おめでとー!!」
「おめでとう!!!」
「ようこそエオルゼアへ!!」

次々に周りから飛んでくるお祝いの言葉。

「ありがとう!!これからよろしく!めっちゃ星キレイ!!」

上を見ると確かに満天の星空。

プロローグ2

本当にこの画面の向こうで、今、世界中の人たちが同じゲームを一緒にプレイしているんだと実感した瞬間。
あのなんとも言えない感動を今でも覚えています。

それから数日後、にとろさんもログインに成功し、少しずつクエストをこなしていく中で、あの事件は起きたのです。



グリダニアの街を出ていけるようになり、すぐ近くのベントブランチ牧場でクエストを受けている時のことでした。

一人のララフェルのプレイヤーさんが、自分と同じ方向へ行ったり来たり。
どうやら同じクエストをやっているようです。

プロローグ3

なんだか見られてるような・・・?
そう思っていた時、

「こんにちは」

えっ?私??
でも周りにほかに誰もいない・・・。

っていうかまだチャットの仕方が全然わからないから話せない!!

にとろさんは今お風呂に入っているし、どどどどどうしよう・・・。
せっかく話しかけてくれてるのに・・・!!

心臓がばくばくいっている。
相手はどこかの誰かで、人間なんだ。
ここで嫌な思いをさせたら失礼になっちゃう・・・!!

プロローグ4

「この辺のクエスト、一緒にしませんか?」

う、嬉しいけど、お話ができないんですぅううう!!
どうしようどうしよう!

するとなにかを察してくれたのか、その子はその場でくるくると歩き回り始めました。
と、とりあえず自分もくるくるしてみる。

次はぴょんぴょんジャンプをし始める。
こっちもジャンプしてみる。

するとしゃべれないのを分かってくれたのか、もしくはジャンプをOKだと受け取ってくれた様子。

「じゃあいきましょー^^」

と言ってくれた。

あ、よかった分かってくれた。
でも行くってどこへ・・・と思ってたら、突然走り始めた!

プロローグ5

ぐんぐん森の中を走っていく!

ま、待って!お互いにララフェルだから草に埋もれてしまって、相手の姿がよく見えない!!
(※ララフェルは他の種族より圧倒的に小さい)

どこ?どこに行くの!?

まだ地図も覚えてないし、そんなに早くは走れないよ。

必死で追いかける。

でも距離はどんどん開いていく。

ああ、見失っちゃう・・・!と思った時。

突然目の前で戦闘が始まった!!


もう訳がわからず、とりあえず突っ切る!

しかし次の瞬間、バシュッ!っと嫌な音がした。

ネヴィカさんが小さく悲鳴を上げて倒れていく。

なに?何が起きたの?

気付くとベントブランチ牧場へ強制送還されていた。

どうしよう、あの子と離れ離れになってしまった。
急だったから、どっちへ向かって走っていたのかも分からない。
今どのあたりにいるんだろう。
どうやって戻ればいいんだろう。

冷や汗がふき出す。
相手はゲームのシステムじゃない、人間なんだ。
失礼なことをしたらいけないのに・・・!!

そう思っていたら、チャット画面が更新された。
さっきの子だ。

「ありがとうございましたー(・-・)」


プロローグ8

終わってしまった。

なんにも出来なかった。

せっかく声をかけてくれたのに。

ごめんなさい。

自分がこんなに不慣れだから。

なんにも分かってないから。

心底くやしくて、情けなかった。

やっぱりFFみたいな大きいタイトルの、しかもオンラインゲームなんて自分にはハードルが高すぎたのかな・・・。


その後、チャットのやり方をにとろさんに教えてもらったけれど、自分の職の戦闘の仕方もよく分からないまま、レベルだけ上げる日々。

メインストーリーを進めるのにクリアしなければいけないダンジョンは、プレイヤーが4人揃わないと入れないため、知らない人と行くのは怖くて途中でストップ。

プライベートでも直属の上司が辞めてしまったため、一気に仕事量が増えて連日残業続き。ゲームをしてる暇なんて一切無い。
エオルゼアからはどんどん足が遠のいて、にとろさんがプレイしているBGMを聴くのも嫌になるくらい遠ざけていた時期がありました。

それでももう一度がんばってみようと思ったのは、ある人のブログを読んだから。
自分のやりたかったオンラインゲームの形が本当にあるんだと知ったから。

それを実現するためにはちゃんと理解しないとダメなんだ。
声をかけてくれた人とコミュニケーションがとれるように。
戦闘で自分の立ち回りがちゃんとできるように。
自分から進んで関わっていけば、きっと楽しめるようになる。

そう思ったから、ネヴィカさんは2代目になりました。
にとろさんがPS4に移行したのをきっかけに、おさがりのPS3で新生しました。

プロローグ9

ありがとう初代さん。

これから2代目はがんばるね。

どこまでできるかわからないけど、きっと初代のできなかった分までこのエオルゼアで生きてみせるよ。

登場人物紹介

登場人物紹介1

FF14はオンラインゲームです。
インターネットを使って世界中の人と一緒に遊べる、それがオンラインゲーム。
つまりゲーム内で動いている人達は、今、この世界のどこかで自分と同じゲームをしている誰かということになります。

知らない人ばかりの世界、右も左もわからない・・・。
そんな時、リアルの知り合いと一緒にプレイするのはとても心強いです。

私は普段、家族と一緒にプレイしています。
この日記にはかかせない存在ですので、ご紹介いたします。

登場人物紹介Nitoro

にとろさん(Nitrona Glycelyne)
FC:Moon Tears所属
メインジョブ:忍者
種族:ヒューラン(ハイランダー)
活動サーバー:Ifrit

キャッチコピーは「一粒300m!ニトロナグリ子!!」

ネヴィカのリアル家族にして、FF14のよきナビゲーター。
実はにとろさんは3人目で、あと2人別のキャラも使っている。
今回は一番ログイン率の高いにとろさんをご紹介。
冷蔵庫の牛乳を切らすとちょっとしょんぼりした顔をする。

登場人物紹介Nevi

ネヴィカ(Nevica Lark) 
FC:無所属 Narcisters所属(※5月10日所属しました!)
メインジョブ:幻術士
種族:ララフェル(デューンフォーク)
活動サーバー:Ifrit

このブログの主人公。FFシリーズ、オンラインゲーム共に初体験。
ゲームはいくつかプレイしてきたけれど数えられる程度。
ちゃんとやっていたのはモンスターハンターとツムツムくらい。
最近の悩みは、いろんな友達から一斉に本を借りてしまい、消化する時間がないこと。

登場人物紹介3

ネットにはいっぱいFF14の初心者さん支援や、わかりやすい攻略のサイトはあります。

しかし超初心者は!それすら読み解けない!!

羅列される専門用語と略語の数々!
膨大な情報量!
周りのプレイヤーはなんかみんなスゴイ装備!
ダンジョンには行きたいけれど、立ちはだかるオンラインの壁!

登場人物紹介2

そんな私がにとろさんをメインナビに、エオルゼアで生きていく様子を書いていきます。

なので特に役に立つ攻略とかは載っておりません!
ゲームに慣れている方、攻略や効率のいい方法をお探しの方のご期待には応えられませんのでご了承下さいませ。

がんばります!!

はじめましてのごあいさつ

はじめましてのごあいさつ1

はじめまして。当ブログへようこそ!

Nevica Lark(ネヴィカ・ラーク)と申します。

このブログは、FF14新生エオルゼアが、ファイナルファンタジーシリーズもオンラインゲームも初めてプレイするという超初心者が、日々経験したこと、感じたことを書いたものです。

新生エオルゼアは既にサービス開始から約1年半が経っています。(※2015年5月現在)
今、私の周りの方達はほとんどが最高プレイヤーレベルに達しています。

専門用語がわからない、進め方がわからない、どうやって友達をつくればいいのかわからない・・・。
だけどFF14を楽しみたい!!

そんな私がどう歩んでいくのか、ここに少しずつ記していきたいと思います。
ベテランの方はこんなヤツもいるんだなぁとお暇つぶしに、同じ初心者の方はあるある!と少しでも思っていただければ幸いです。

そしてまだFF14をプレイしてない方は、もしもこのブログが「自分もやってみようかな・・・」という気持ちの背中を押すきっかけになれたのなら、ぜひエオルゼアでお会いしましょう!

さあ、超!初心者の新生エオルゼア日記、はじまるよ~!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。